廃車と税金の関係とは?

廃車で自動車税が還付される?

廃車で自動車税は還付されます

廃車で自動車税が還付される?
自動車税は、普通自動車にかかる税金で、毎年4月1日に課税されています。普通自動車に課税されるのが自動車税で、軽自動車や自動二輪車は軽自動車税になります。一年に一度納付する税金ですが、新規登録時には月割りでその年度の分を納税することになっています。このために廃車の為に抹消登録すると、その時点で残りの分が還付されることになっています。重量税と違って、車検には関係なく登録がある限り課税される税金であることに特徴があります。その為車検が切れていても登録が抹消されないと課税されつづけ、車検が切れていることを理由に免除されることはありません。しかし都道府県で扱いが統一されていませんが、車検が切れたままになっている期間の税金を保留という扱いで免除している場合もあります。また一般的には使用者ではなく所有者に課税されます。ただしローンなどで買った場合にローン会社などの所有権をつけた場合には、使用者が実質的な所有者であると見なされて使用者に課税されます。廃車手続きまでしなくても一時抹消登録を行うことで、残りの分が還付されます。この点は自動車重量税が永久抹消しないと還付されないと違っていますので注意が必要です。従って、廃車でない一時使用中止の為の抹消、一時抹消でも還付されることになります。還付の申請は、一時抹消、あるいは永久抹消した時に申告書を提出して申告します。このときその年に納税した税が月割で残金を還付されます。月割りですので、1ヶ月以下の場合は還付されませんので、3月に一時抹消登録した場合は還付される税はありません。月割りの精算があるのは普通自動車の場合だけです。軽自動車や自動2輪、原付自転車などの場合には軽自動車税になりますので、月割りの課税は新規登録時にもなく、廃車の為に一時抹消した場合でも、月割りの還付はありません。この点は自動車重量税が軽自動車でも月割で還付されるのと違っています。”